DC-Rシリーズ

超高速油圧サーボ射出・電動型締機構搭載のRシリーズ。スタンダードモデルは70G、ハイグレードモデルは100Gの加速性能を実現。射出機構と型締機構の組み合わせ、射出上下機構の搭載など豊富なバリエーションでニーズにお応えします。また、全ての機種に新制御装置(TOSCAST‐888)を標準搭載し、IoTを活用した品質管理項目の拡張等のトレーサビリティシステムの強化、さらにリモートメンテナンス、予防保全等にも対応します。

※R-*は油圧型締、R-E*は電動型締機構となります。

DC800R-EH
写真はDC800R‐EH

洗練された要素技術と最新技術の組み合わせにより、生産性を追求します!

要素技術&最新技術

2つの射出機構と2つの型締機構の組み合わせによる、豊富なバリエーションでニーズにお応えします!

機構バリュエーション

長年培った伝統技術と革新技術で、お客様の利益の最大化を支援します!

1. 豊富な機種構成(モジュール選択化)

高品質化、グローバル化する生産拠点、省エネ対策など、高生産性を実現するために最適な設備を提案します。

機種・モジュール選択

2. 加速能力

芝浦機械は、鋳造品の良品率に最も影響を与える、短時間充填、短時間昇圧の改善に取り組みました。Rシリーズでは、スタンダード射出、ハイグレードサーボ射出において、従来機に対し、性能向上を実現しました。要求品質毎に最適な射出機構を提案します。

加速能力

3. 型締剛性アップ (FEMによる最適設計)

生産拠点がグローバル化している中、異なる製造現場・環境でマザー工場と同じ生産効率が求められます。Rシリーズでは、数多くの国内外のお客様への巡回サービスより得られたノウハウから、従来の型締剛性を一新、過酷な環境でも高生産性が発揮できる型締機構を開発、搭載しました。

ダイプレート

4. マルチインジェクション極まる

高速を超えるために必要な能力

充填抵抗に負けない射出能力(高加速・油圧サーボ制御・学習制御機能)
塑性加工に比べ、より複雑な形状を求められるダイカスト。精密かつ複雑な形状の金型へ高速充填を行う際、充填抵抗は時々刻々と変化しつづけます。その変化に対応できなければ、超高速領域にて高速速度を安定させることは実現できません。

充填サージを低減する射出能力(サーボ制御による高応答減速)
従来の射出速度を超えた速度領域では、充填完了直前に減速をさせなければバリが発生します。
射出速度を上げた時に発生するバリは、充填完了時のサージ圧力によるものです。
このサージを低減できなければ、超高速ダイカストを実現することはできません。

マルチインジェクション

5. 短時間充填

芝浦機械の提唱する短時間充填法の品質改善の理由は2つあります。一つは溶湯が凝固する前に圧力をかけるため鋳巣をより小さくすること。もう一つの理由は溶湯が飛散し巻き込む鋳巣をより微細にできると考えています。
今回、ゲートから噴出される溶湯をハイスピードカメラで撮影し、その画像を自作の解析プログラムで解析しました。
従来の直接観察の報告は水モデルもしくは直接溶湯観察では1.0m/s程度でしたが、今回行った実験では短時間充填領域まで撮影可能となり、観察と考察を行いました。

短時間充填

6. 短時間昇圧

芝浦機械はRシリーズで増圧油圧回路の改善により、昇圧時間短縮に取り組みました。

短時間昇圧

7. 新増圧発進制御

従来の位置発進制御に加え、速度制御を追加しました。給油量に変動があっても、同じタイミングで増圧が発進する新制御方式を開発。高速速度が速い場合や、減速を使用する場合などで有効です。

新増圧発進制御

8. 増圧アキュムレータの採用(オプション)

従来の液面制御方式から油面計不要のピストン制御方式に変更し、アキュムレータ調整時間を短縮。
お客様の生産性向上に寄与いたします。(増圧アキュムレータはオプション対応)

増圧アキュムレータ

9. 電動型締機構(Eタイプ)

芝浦機械は、2000年、業界初となる電動型締機構を標準搭載したDEC150MTを開発しました。
R-E*機では電動型締機構を標準搭載しサイクルタイム短縮を実現、お客様の生産性向上に貢献します。

電動型締機構

10. 省エネ・環境対応(オプション)

芝浦機械は、環境対応の一つである消費電力の削減に取り組みました。
Rシリーズでは、電動型締機構、ハイブリッド射出機構、サーボポンプをお客様のニーズに合わせ、選択が可能です。

省エネ・環境対応

11. ハイサイクルを支える自動化装置(オプション)

小型機用 DC250・350R用

ダイカストマシンのハイサイクルを支える自動化装置(オプション)

中型機用 DC500・650・800R用

ダイカストマシンのハイサイクルを支える自動化装置(オプション)

12. 新制御装置 TOSCAST-888

Rシリーズでは、全ての機種に新制御装置(TOSCAST-888)を標準搭載しました。人間工学に基づいた、ヒューマンインターフェースを採用し、15インチの大型画面でオペレータの保全・管理環境が向上します。多言語対応、入力規制管理可能となりグローバル生産管理の効率化も図れます。また、芝浦機械独自技術の故障診断機能を標準搭載、dPAQET(オプション)、リモートメンテナンス機能(オプション)により、保全性向上、生産効率向上に貢献します。新制御装置 TOSCAST-888

新制御装置 TOSCAST-888

13. TOSCAST-555/888用データ収集・監視ソフトウェア dPAQETのご紹介

dPAQET鋳造品データ

dPAQET特徴

アンドン2

CCR2
CCR4

14. 技術支援

最新のサーボ射出ダイカストマシンを使いこなし、更なる技術向上・品質改善・新分野への挑戦を実現したい・・・そんなお客様の願いを芝浦機械は支援します。

技術支援

標準・オプション表

標準・オプション表
標準・オプション表
標準・オプション表
仕様項目 単位 DC250R-M/EM DC250R-H/EH
型締力 kN(ton) 2500(255) 2500(255)
射出速度 m/sec 0.03~8.0 0.03~13.0
タイバー間隔(タテ×ヨコ) mm 580×580 580×580
金型厚さ mm 600~300 600~300
ダイストローク mm 360 360
所要床面積 mm 5807×2150 5807×2150
機械高さ mm 2803 2803
機械質量 ton M:9.7     
EM:10.1
H:9.7 
EH:10.1
仕様項目 単位 DC350R-M/EM DC350R-H/EH
型締力 kN(ton) 3500(357) 3500(357)
射出速度 m/sec 0.03~6.5 0.03~11.0
タイバー間隔(タテ×ヨコ) mm 650×650 650×650
金型厚さ mm 700~300 700~300
ダイストローク mm 420 420
所要床面積 mm 6223×2197 6223×2197
機械高さ mm 3071 3071
機械質量 ton M:12.5    
EM: 12.9
H:12.5 
EH:12.9
仕様項目 単位 DC500R-M/EM DC500R-H/EH
型締力 kN(ton) 5000(510) 5000(510)
射出速度 m/sec 0.03~8.0 0.03~12.0
タイバー間隔(タテ×ヨコ) mm 750×750 750×750
金型厚さ mm 850~350 850~350
ダイストローク mm 550 550
所要床面積 mm 7502×2770 7502×2770
機械高さ mm 3350 3350
機械質量 ton M:20.5      EM:21.8 H:20.5      EH:21.8
仕様項目 単位 DC650R-M/EM DC650R-H/EH
型締力 kN(ton) 6500(663) 6500(663)
射出速度 m/sec 0.03~7.0 0.03~10.5
タイバー間隔(タテ×ヨコ) mm 850×850 850×850
金型厚さ mm 900~350 900~350
ダイストローク mm 660 660
所要床面積 mm 8364×2810 8364×2810
機械高さ mm 3671 3671
機械質量 ton M:28.5      EM:30.0 H:28.5      EH:30.0
仕様項目 単位 DC800R-M/EM DC800R-H/EH
型締力 kN(ton) 8000(816) 8000(816)
射出速度 m/sec 0.03~6.5 0.03~10.0
タイバー間隔(タテ×ヨコ) mm 930×930 930×930
金型厚さ mm 950~400 950~400
ダイストローク mm 760 760
所要床面積 mm 8990×3028 8990×3028
機械高さ mm 3998 3998
機械質量 ton M:38
EM:39.3
H:38
EH:39.3

PAGE TOP