立旋盤 TUE-100

立旋盤TUEシリーズ


幅広い回転数と剛性の高いウォール型コラムの採用により様々な材料に対応

デザイン賞受賞

機械の主な特徴

最適な剛性バランス

工作機械

ラムは上位機種と同等の断面寸法を採用。
刃物台を支えるコラムはヨコケタを一体構造とした剛性の高いウォール型コラムを採用し重切削が可能。

クラス最速を実現

クラス最速の早送りで非加工時間短縮。
テーブル回転速度は幅広い速度域を持ち、様々な材料に対応が可能。

早送り速度 ・・・・ X15、Z12m/min
テーブル回転速度(二段) ・・・・低速2~150min-1   高速8~ 600min-1

環境・安全対策

工作機械

全閉式カバーを標準装備。
切削液や切りくずの飛散を防ぎ加工時の騒音も緩和します。

オプションでハーフカバーも選択できます。
詳細はお問い合わせよりお尋ねください。

主な仕様

●テーブル直径:Φ1016㎜
●ワーク最大振り:Φ1200㎜
●最大切削高さ:テーブル上面よりラム下面までの最大高さ:1055㎜
●移動量(X軸×Z軸):(X軸)-510~750㎜ (Z軸)800㎜
●テーブル回転用電動機:AC45kW/37kW
●テーブル回転速度:2~600min-1 ●機械設置スペース:5080㎜×3530㎜
●高さ:4432㎜
●重量:11t

お問い合わせ・カタログ請求

PAGE TOP