ターニングセンタ TMD series

ターニングセンタ TMD series


高速・高精度・重切削能力を持つ3軸制御新鋭ターニングセンタ

機械の主な特長

切削能力の向上

横けたは250mmステップで、最大500mm(TMD-20:750mm)上下移動できるステップポジション機構を備え加工物の高さにスピーディに対応。
220mmの角ラムを抱え込む一体構造のクローズド形角穴サドルを採用。
ターニング最大切削力24500N(2500kgf)ミーリング切削はX-C軸合成送りによる直線切削が可能です。

高速・高精度の達成

刃物台の案内(X軸)に高剛性リニアローラガイドを採用。
テーブルとコラムを左右対称とし、モータなどの熱源を熱対称位置に配置、熱変位量を大幅に減少、さらにテーブル潤滑冷却装置を標準装備しました。

優れた加工操作性

FANUC最新鋭・最上位機種の31シリーズを採用。
豊富なNC機能により、高度な各種NC加工が可能です。
カスタマイズ機能も充実しています。

省力化、自動化を推進

特別付属品として自動パレット交換装置(APC)を組み込むことにより省力化・自動化を推進します。

機械外形図

機械仕様

お問い合わせ・カタログ請求

PAGE TOP