門形マシニングセンタ MPF-F/FS series

門形マシニングセンタ MPF-F series
高速・高効率を極めた門形マシニングセンタ

機械の主な特長

資源・環境に配慮した最新鋭省エネルギーマシン

エア消費量の大幅ダウン。
オイルミストの大気飛散「完全カット」。
バランス不要の省エネZ軸ツインボールネジ。

高速化・高剛性による高生産性の実現

早送り速度 30m/min ( X,Y軸 )。
主軸回転速度 40~10000min-1
保守性を考慮したカートリッジスピンドル。
接近性と重切削を両立した190径ロングノーズ。

加工範囲は大きく、設置スペースは小さく

2100mm門幅の機械では、設置スペースが6坪と同等の加工範囲を持つ立形マシニングセンタより小さい。

高剛性一体フレーム(πフレーム)

AAI,AAC,AATC対応アングルヘッド(オプション)

アングルヘッド

MPFシリーズで5面加工が可能に
なりました。
一度のワーク段取りでスナウトによる
上面加工、アングルヘッドによる側面
加工が行え、加工能率を向上できます。

機電一体の開発設計
広範囲の切削能力
加工データ
主軸能力線図

最新鋭制御装置 TOSNUC PX100

px100

TOSNUCにパソコンを融合し、従来からの操作性を継続しつつより高性能なCNC装置に進化しました。

経験が生んだ優れた操作性
機械の仕様
外形図
付属品

px100仕様

標準仕様
選択オプション仕様

機械外形図

カタログ

PAGE TOP