高速5軸門形型彫盤 MP-(5C) series

MP-5C
金型、IT、航空機産業に貢献する 高速5軸門形型彫盤

機械の主な特長

  • テーブル旋回とヘッド旋回の新しいコンセプトマシン。
  • ラム軸を排除。クロスレール昇降の安定切削。
  • 5軸任意旋回機能により傾斜作業も段取りレス。
  • ワンチャッキングで大幅工程集約が可能。

工程集約の例[ポケット穴&スライドピン穴加工]

改善前(段取り替えの実施)

金型加工等では、ポケット加工・スライドピン穴加工により段取り回数増加がネック工程となります。

MP-5C

従来の加工方法では、まず上図の様に
ポケット加工を行ないます。
その後、角度のついた穴を加工する為
にジグを使用し段取り替えを行ないます。
(右図)

MP-5C

この段取り替えの工程で基準位置の
ずれや大幅なタイムロスが生じます。

本機改善後(段取り替えの解消)

mp-5c

上図の様にポケット加工を行ないます。
MP-(5C)seriesでは、主軸を任意の
位置に傾斜させた加工が可能になります。(右図)

mp-5c

また、テーブルを任意の位置に旋回さ
せることにより、複数個の傾斜穴を段
取り替え無しで加工が可能になります。

mp-5c

本機を用いる事により、ワークの段取り時間が75%短縮された例があり、ネック工程が大幅に改善されました。
また、段取り替えを行なっていた時に比べると、基準位置のずれ量も削減し、精度も1/10に改善されました。

主軸トルク出力線図
A軸旋回機構
切削加工例
機械の仕様
機械の外形図

機械外形図

カタログ

PAGE TOP