横中ぐり盤 BTF-130.R22

横中ぐり盤 BTF-130.R22


大物・大重量物加工の金型加工、無人加工に対応

機械の主な特長

スプラッシュカバーの標準装備

スプラッシュカバーを生かすコラムX軸・テーブルZ軸移動の構造形態で
スプラッシュカバーでクーラント液の飛散防止と切り粉の回収が容易です。
テーブルベッド両サイドにヒンジベルト式コンベアをオプション付属。

低熱変位と、このクラス最高の送り速度

低熱変異により、長時間にわたる横中ぐりフライス盤の無人加工時間を実現します。
直径130mmの繰り出し主軸が金型付深物加工に威力を発揮します。

金型向けの高荷重ワークに対応

20tonまでの高荷重ワークを0.0001°単位で割出しできるテーブル。
高荷重ワークの位置決めに有効なエア浮上方式をB・Z軸に標準採用。
厚いテーブルベッドと大径ボールネジで支える強力構造です。

最新鋭制御装置 TOSNUC999

最新鋭CNC装置 TOSNUC999装備で、高速加工・形状加工・輪郭加工などに優れた性能を発揮します。

機械外形図

機械仕様

お問い合わせ・カタログ請求

PAGE TOP