床上形横フライス中ぐり盤 BSF-150C

床上形横フライス中ぐり盤 BSF-150C



高速・高精度化のニーズに応えてデザイン・性能をリニューアル

機械の主な特長

高能率化を実現

早送り、切削速度と主軸回転速度の高速化により、高能率化を実現。

床上形横フライス中ぐり盤

接近性の良さ

接近性

ラム寸法 380mmでは最長の1800mm(特別附属品)繰り出しで接近性が良い加工を実現。

豊富なアタッチメント

豊富なアタッチメント(特別附属品)を用意しており、多様化するワーク加工に対応します。

アタッチメント

省人化をバックアップ

ATC・AATC・AAC・AAIなどの自動化機能を搭載。
豊富なマシンレイアウトでお客様のニーズに合った組み合わせを提供いたします。

汎用性の高い組み合わせ

組合せ

複合加工に最適なロータリテーブル+定盤組み合わせ形

組合せ

高性能ロータリテーブル2台組み合わせ形

組合せ

無人化対応も可能なパレットチェンジャ式ロータリテーブル組み合わせ形

組合せ

制御装置

コンピューター数値制御(CNC)装置はグローバル展開を視野に入れ、「FANUC Series 31i-MODEL B」を採用。

機械仕様・機械外形図

お問い合わせ・カタログ請求

PAGE TOP